糖質制限 ダイエット

MENU

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエット

「食べてOK」の糖質制限ダイエット

 

糖質制限ダイエットとは、その名のとおり糖質(炭水化物)を食べる量を制限するダイエット方法です。

 

今までのダイエットと違うのは、カロリー制限ではなく、糖質を制限するというところ。
食べる量を減らして空腹をガマンする必要はなく、「続けやすい」うえに「結果が出やすい」ダイエット方法です。


糖質を制限するだけでなぜダイエットできるの?

ダイエット成功のポイントは「インスリン」? 

 

糖質

 

体にとっては大切な糖質。タンパク質、脂質とともに三大栄養素とも言われています。

 

糖は唯一の脳のエネルギー源となる栄養素です。頭を使うと甘いものが食べたくなるのは、脳が糖を欲しているからなのでしょうね。
そんな大切な栄養素ですから、糖は人間の体内で作り出すことができる栄養素でもあります。

 

少し前までは、ダイエットするなら控えなければいけないのは糖よりも脂質、というのが常識でした。
これはエネルギーのある3つの栄養素のうち、糖質とタンパク質は1gあたり約4kcalなのに対し、脂質は約9kcalと倍以上もあり、少量で高カロリーになってしまうためです。

 

もちろんカロリーを摂り過ぎれば肥満につながりますが、最近では脂質よりも「糖質制限」がダイエットに良いということがわかってきました。

 

その理由が血糖値とインスリンの関係です。

 

(ここからは体内の働きの話になりますので、面倒な人は飛ばしてくださいね。)
食べ物を摂取すると、糖質はブドウ糖になり血液に入ります。血液中の糖の量を表すのが「血糖値」。つまり食後は血糖値が高くなります。

 

糖はエネルギー源ですから、血液にのって全身に運ばれますが、血糖値が高すぎると血管に傷がついてしまいます。
そこで、血液内の多すぎるブドウ糖をしまい込む役割を持つ唯一のホルモン「インスリン」が分泌されます。

 

糖質とインスリン、肥満の仕組み

 

インスリンは血中のブドウ糖をグリコーゲンというエネルギー源に変えて、筋肉や肝臓に送り込みます。
でも、筋肉や肝臓に蓄えられる量は決まっているため、必要量を超えた分は全身の脂肪細胞にため込まれます。

 

ようするに、インスリンの分泌される量が多かったり、長時間にわたって分泌されれば、それだけ体脂肪が増えるわけです。
脂肪を増やさないためには、いかにインスリンを出さないような食べ方をするか=いかに血糖値を上げずに食事をするかということになります。

 

つまり「糖質制限ダイエット」は、食べる量が同じでも、血糖値が急上昇しないものを選んでインスリンの分泌量を抑え、脂肪をため込まないようにするという方法です。

 

血糖値を上げずに食べるためのコツ

食べる順番を変える

 

食事内容を変えなくても、食べる順番を変えるだけで血糖値が上がりにくくなります。

 

コツは野菜などの食物繊維が多いものを先に食べ、糖質は後回しにすることです。
具体的な順番としては、

 

野菜 → 肉・魚 → ご飯・麺類・パン

 

食べ順ダイエット

 

このような順番で食べることで、食物繊維が壁に壁を作り、糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。

 

とはいえ、もちろん食べすぎは禁物!
食後のデザートなどで糖質を摂り過ぎてしまえば血糖値はぐんぐん上がるばかりか、長時間インスリンが分泌され、脂肪がどんどん作られる羽目に。

 

もし、ダイエット中でもスイーツを食べたくなった場合は、食後よりも間食として摂る方が良いでしょう。

 

色のついたものを食べる

 

炭水化物は色の白いものが多いですが、白米を玄米に、食パンをライ麦パンに、うどんをそばにするだけで血糖値の上昇度(GI値)が低くなります。

 

玄米ご飯

 

同じように、砂糖を使う場合も上白糖よりも三温糖や黒糖がおすすめ。
無糖ヨーグルトに甘みをプラスする場合も砂糖よりもハチミツなど不純物が混ざったものの方を選びましょう。

 

低糖食品や糖質をブロックしてくれる食品を利用する

 

本格的にダイエットをお考えなら、糖質制限ダイエット専用の食品を使うことを検討してみるのもおすすめです。
具体的には、

 

  • ごはんやパンを低糖のものに変えてみる
  • ダイエットをサポートしてくれるサプリを使ってみる
  • 糖質制限食品を使ってみる

 

などの方法です。

 

本格的にダイエット

 

食べ順を変えたり、玄米にする方法は現状キープには向いていますが、体重を大きく落としたい人にはもうちょっとだけ努力が必要です。
そんなときに低糖食品や糖質ブロック食品がダイエットをサポートしてくれます。

 

本格ダイエットにおすすめ 【糖質制限ダイエット食品】

低糖工房のパン・ケーキなど

低糖工房

小麦で作ったパンと比較し、糖質を約90%抑えた糖質制限対応の「大豆パン」「ふすまパン」をはじめ、低糖質のチョコ、ケーキ、焼き菓子なども販売しているネットショップです。

 

糖質制限ダイエッターだけでなく、糖尿病の方や予備軍の方の利用も多く、いろいろな食品が扱われているため、ストレスをためずに楽しみながらダイエットできるのが一番のおすすめポイントです。

 

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

 

4つの壁をつくるダイエットサプリ【スリムブロッカー】

スリムブロッカー

ダイエットをサポートしてくれるサプリはいろいろありますが、スリムブロッカーのおすすめポイントは「4種類」の厳選素材がたっぷり配合されているところです。

 

カリウムやビタミン、ミネラルが豊富なカクタスフルーツ(サボテンの実)、糖のコントロールにおすすめの水溶性食物繊維が豊富なパインファイバー、炭水化物大好きさんにぴったりの白インゲン豆、脂肪分や毒素を排出してくれるキトサン。
この4つがダイエットをしっかりサポートしてくれます。

 

【送料無料】スリムブロッカー

 

糖質制限サポートスムージー【糖質スリム】

糖質スリム

朝食時や飲み会・女子会などの前の食事の際に飲むことで、飲んだ次の食事の後の血糖値の低減させることを目的として作られたのがこのスムージーです。

 

5種類の食物繊維をはじめ、乳酸菌、酵素、その他ダイエットサポート成分をうまく組み合わせることで、腸内を整えながら糖質制限ダイエットも無理なくサポートしてくれます。

 

糖質制限はストイックになりすぎるのもNG。
健康的で美しいカラダづくりにぴったりの糖質制限サポートスムージーです。

 

糖質制限サポートスムージー「糖質スリム」

脂質制限よりも糖質制限がダイエットに向いている理由

カロリーを持つ栄養素は「糖質」「脂質」「タンパク質」の3つしかありません。この3つのうち、長い間ダイエットの大敵とされてきたのが「脂質」です。
その理由は糖質とタンパク質が1gあたり約4kcalなのに対し、脂質は約9kcalとカロリーが高いから。
しかし、最近では脂質よりもむしろ糖質をセーブすることでダイエットをすることが主流となりつつあります。これが糖質制限ダイエットです。

 

その理由は、この3大栄養素が体内に入ったあとにどのように消化・分解・吸収されるのかの差です。
糖質の場合、体内に吸収されたあと、そのほとんどがエネルギーの原料となります。当然あまった分は中性脂肪になって貯蓄され、これが日本人の肥満の多くを占めています。また、糖質は3大栄養素のうち体内で合成できる唯一の栄養素でもあります。

 

一方、脂質はカロリーが高いものの、そのすべてがエネルギーとなるわけではなく、細胞膜やホルモン、胆汁酸などの原料として使用されます。体脂肪となる割合は思ったほど高くありません。
また、少量のオリーブオイルを飲むと便秘に良いと言われるのは、オリーブオイルの一部が体に吸収されずにそのまま排泄され排便をスムーズにされるためです。

 

タンパク質もカロリーがあるため、摂り過ぎれば体脂肪に貼りますが、身体の構成組織の70%はタンパク質ですから、摂取したタンパク質もアミノ酸に分解されあと筋肉や臓器、血液、爪、髪、酵素、ホルモンの原料になるなど、糖質に比べて体脂肪として貯められるには遠い道のりを要します。