新陳代謝 アップ

MENU

新陳代謝を上げるには?

代謝アップのために

痩せやすさ・美肌キープに欠かせない代謝力

 

ダイエットを効率的にするためにも上げたいのが代謝力。結果を早く出すためにも、それをキープするためにも代謝の良いカラダをキープしたいものです。

 

ダイエットをしてもなかなか体重が減らない、同じ量を食べても自分だけ太ってしまう・・・
そんな人は基礎代謝が衰えているのかもしれません。

 

「でも、代謝を上げるのって、どうすればいいの?」

 

衰えがちな代謝力をあげるためのポイントは「めぐり」の良い体作り。
そのために気をつけたい3つのポイントをご紹介します。


代謝アップのために日頃から身につけたい3つのこと

有酸素運動をしよう

 

代謝アップのために

有酸素運動でたっぷり酸素が体内に取り込まれることで脂肪が燃焼し、エネルギーが使われます。

また、同時に血行が良くなります。血液は全身に栄養を送りこみ、老廃物を回収します。
この2つが代謝の良い体へと導いてくれます。

 

有酸素運動の代表的なものといえば、ウォーキングです。普段よりちょっと早めに歩き、うっすら汗をかく程度が理想的です。
また、水泳、サイクリング(エアロバイク)、縄跳び、ジョギングなども有酸素運動です。

 

よく「20分以上やらないと脂肪が燃えない」などと言いますが、たとえ5分や10分でも、心拍数があがり、血行が良くなることは感じることができるはずです。少しずつでも続けることを重視してみましょう。
ご自身の体力と生活に合わせて、毎日少しずつでも続けられる方法をみつけてみましょう。

 

筋肉量を増やそう

 

BYE10

筋肉量は基礎代謝量と関係があります。つまり、筋肉が減ると代謝力も下がってしまうということになります。

 

女性などは、筋トレというと「ムキムキになるのはいやだから」と言う方も多いですが、筋トレの方法によって、筋肉のつき方も当然変わってきます。
たとえば、バレリーナやダンサーは普通の人よりも筋肉量が多いですが、理想的な体型ですよね。

 

とくにインナーマッスルや腹筋、二の腕の裏側、内ももなど、意識しないと普段は使わない部分を鍛えることで、代謝を上げることにつながります。

 

ジムダイエットDVDなどで正しい筋トレ方法を覚えることで、効率的に引き締めたい場所のトレーニングができます。

 

おすすめDVD BYE-10ダイエット

サーキットトレーニング+新有酸素理論をミックスしたプロのパーソナルトレーナー監修のダイエットDVDです。

 

体を冷やさないようにしよう

 

温かい飲み物で代謝アップ

体が冷えると血行も悪くなることはご存知のとおりです。もちろん、上記2つの体を動かすことも温めることにつながります。

また冷たい飲み物を飲んでいた人は温かいものにしてみたり、お風呂には汗をうっすらかく程度までゆっくり入るのがおすすめです。
さらに柔軟体操で血行を促進すると効果的です。

 

とくに冷え性の人は、代謝のあがる食べ物・飲み物を意識して摂るように心がけてみてくださいね。

新陳代謝をアップ記事一覧

 
体を温める

手先や足先、お腹などが冷えやすい冷え性は女性に多い症状です。熱がうまく作れないのは、代謝機能が低下しているせいかもしれません。代謝UPで健康美肌&ダイエットを心がけたい方におすすめ。ホッと一息つきたい時の体を温めてくれるドリンクをご紹介します。

 
 
便秘解消ダイエット

ホッと一息でダイエット!?オフィスでも飲めるお茶が人気ダイエットの成功の秘訣は気合?根性?ガッツ?そんな言葉が浮かんで来る人は要注意!頑張ったツケがストレスとなり、リバウンドとして戻ってきてしまった、ということを経験したことがありませんか?ダイエットを成功させる一番の秘訣は、太らない生活を習慣づけることです。いつものお茶をダイエットティーに変えることも生活習慣を変化させることの1つ。無理なく続けら...

 
 
代謝アップにサプリメント

細胞の生きるサイクル=新陳代謝若さ、健康、そしてダイエットに必須の体内酵素私たちの体を作る約60兆個の細胞は日々入れ替わっています。新陳代謝は細胞レベルから私たちが生きていくための消化・吸収・排泄にまで大きく関わっていますが、そんな代謝機能に必要不可欠なのが体内酵素のはたらきです。

 
 

「食べてOK」の糖質制限ダイエット糖質制限ダイエットとは、その名のとおり糖質(炭水化物)を食べる量を制限するダイエット方法です。今までのダイエットと違うのは、カロリー制限ではなく、糖質を制限するというところ。食べる量を減らして空腹をガマンする必要はなく、「続けやすい」うえに「結果が出やすい」ダイエット方法です。