産後の痩せにくい体質

MENU

産後痩せにくい体質を改善して「ママでも美ボディ」を目指そう!

産後の痩せにくい体質を改善しよう

痩せやすい体質を育てる&ついたお肉をもみほぐす

 

妊娠中に増えてしまった体重が出産しても思ったように落なかった・・・というのはよく聞く話。
ダイエットをしなくても授乳でスルスルと体重が落ちてくれる方もいますが、思うように体重が減らなかったり、断乳後に再び体重が増えて産後太りしてしまったり・・・。
ホルモンバランスの影響で痩せにくくなったという人も。

 

産後は痩せやすい体質を取り戻しつつ、妊娠中や産後についてしまったお肉には早めに対処することがおばさん体形を防ぐ秘訣です。


 

産後「痩せにくくなった」と感じたら | 内側からのケアでダイエット

「以前はちょっと我慢すれば1,2キロ減っていたのに」という人が、産後はなかなか体重が思うように減ってくれない、ということも多くみられます。
出産後、痩せにくさを感じるのなら、まずはダイエットしやすい体質を育てることから始めるのが先決です。

ダイエット体質を育てるのにおすすめなのは?

まずはダイエット体質を育てるのにおすすめの成分を見ていきましょう。
足りないものを補い、代謝の良いカラダを維持するのが目的ですが、不足しているものは人によってそれぞれです。
ですから、どれが良いのかは1人1人の体質や生活環境によって変わってきますので、「これがよさそうだな」と感じたものを続けてみましょう。

 

アミノ酸

アミノ酸豊富なすっぽん
アミノ酸は私たち人間の「生命の源」といえるものです。
体の約20%を占めるタンパク質はアミノ酸から作られます。
エネルギー消費量の多い筋肉や各種ホルモンの構成要素であり、コレステロール値のコントロールや持久力の向上のほか、美容面でも大変大きな役割を占めています。

 

アミノ酸が豊富な食べ物の代表はすっぽんです。
漢方薬としても数千年の歴史を持つすっぽんには人間の生命維持に欠かすことのできない20種類のアミノ酸すべてが含まれています。

 

その他、黒酢や赤身の魚、肉類、レバーなどにもアミノ酸が多く含まれます。いずれにしても、ダイエットが目標であれば食べすぎには注意しましょう。

 

 

酵素

酵素
アミノ酸同様、酵素も生きていくうえで欠かせない栄養素。
筋肉を動かしたり、食べたものを消化・吸収したり、老廃物を排出したりできるのは酵素があってこそ。
例えば体が家だとすると、酵素は大工さん。木材やクギがあっても、彼らがいなければ家は建ちません。

 

酵素が不足すると消化・吸収がうまくいかず、腸内の悪玉菌が増えてしまい、免疫力の低下につながることも。
また、女性ホルモンの分泌にも深い関係がある酵素。女性らしさのためにも、産後のバランスUPのためにも重要なカギを握っています。

 

酵素は熱に弱く、40度前後で死滅してしまうため、加熱調理したものから摂ることができません。
サラダやフルーツを1品添える、生ジュースを飲むなどで酵素を摂る工夫を。

 

 

サプリならこれがおすすめ!

すっぽんスリム酵素

国産の高級すっぽんに酵素も同時に摂れる、まさに痩せにくさを感じる人におすすめのサプリメントです。

 

ダイエットサポートはもちろん、元気の源であるすっぽんの各種栄養素は、なかなか育児疲労が抜けない産後ママにまさにぴったり。
「すっぽんスリム酵素」には、さらに美容にうれしい成分も入り、ママの美容をトータルでサポートするのにおすすめのサプリメントです。

 

定期コース: 初回500円、2回目〜2,958円(4回以上の継続がお約束)
通常価格: 3,400円

 

すっぽんスリム酵素 公式サイトを確認する

 

 

産後時間がたち、お肉が固くなってしまったら

脂肪が固くなったらもみほぐして柔らかくしよう

妊娠中についたお肉は柔らかく、早めのダイエットで落としやすいですが、時間の経過とともに固く落ちにくい脂肪になってしまいます。

 

実は産後は脂肪が柔らかいためダイエットのチャンスでもあります。
でも、体力が戻らなかったり、授乳や育児、睡眠不足などで思うようにダイエットができない時期でもありますよね。

 

早めに始めれば結果が出やすいとはいえ、焦りは禁物。
一生もののカラダですから、ダイエットとも長いお付き合いとなります。

 

ついてしまったお肉が固くなってしまったのなら落ちやすい「柔らかい脂肪」に戻してあげればいいのです。

 

 

こちらのページで紹介しているとおり、固い脂肪はもみほぐすのが基本です。

 

ダイエットは1日にしてならず。
続けられることをコツコツと続けることが美ママへの道なんですね。


ホルモンバランスが崩れがちの産後 痩せにくい体質を改善するには?

基本的に妊娠中についたお肉は柔らかく、早めにダイエットすることで落ちやすいですが、産後のあたふたでうまくダイエットできなかったり、気づけば出産から1年、2年と経過してしまったという人は、「さあ、ダイエットしよう!」という今になって痩せにくい体質を実感するということも・・・。

 

脂肪が固くなってしまったのならまずは凝り固まってしまった脂肪をほぐすことから始めましょう。
またそれと同時に内側からのケアで、スムーズにダイエットしやすい状態にしておくこと、そしてリバウンドしにくい状態にしておくことも重要です。

 

体は一生もの。そう考えるとダイエットとも一生のお付き合いということになります。
一度体重が減ったらそれで終わりではなく、健康な状態を保ちつつ、再び体重が増えないようにしなければいけません。
新陳代謝や腸内環境を改善するこは、痩せにくい体を保つためだけでなく、美容面や健康面にとってもプラスになります。
普段から暴飲暴食には気をつけ、適度な運動と栄養バランスのとれた食事を心がけ、若々しさやキレイを保っていきたいですね。