腹筋マシン

MENU

腹筋マシンなら好きな時に好きなところを引き締められる

筋トレやエクササイズ、ジム通いなど、体を引き締めるためにいろいろチャレンジしたことがあっても、なかなか長期間それを続けるのは難しいもの。
ましてや筋肉はトレーニングをやめるとすぐに落ちてしまいますから、筋肉を保つためには継続するしかありません。
また、おなか周りの筋肉だけに着目してみても、オーソドックスな腹筋運動で鍛えられるのはお腹の全面の上の方の筋肉だけ。下腹部はポッコリのまま・・・ということも珍しくありません。
日課になるほど身についてしまえばいいのかもしれませんが、仕事に家事、育児などなど、なかなか時間を作るのも大変という人こそ使いたいのがEMS搭載の家庭用エステ機器、通称「腹筋マシン」です。

 

筋肉を鍛えるためには刺激を与える必要があります。それが筋トレの目的ですが、腹筋マシンは電気刺激によって筋肉を刺激します。
お腹の周りに巻くタイプのもの(SIX PADのようなもの)もあれば、手に持って利用するものもあります。
巻くタイプのものはハンズフリーのため本を読んだりしながらケアできるというメリットがある反面、太ももや二の腕、お尻などをケアするためには他サイズのものを購入しなければならなかったり、場所によっては利用できないというデメリットがあります。
一方、手に持ってケアするタイプのものは気になる部分のケアをできるというのがメリット。機器を持たなければいけないため雑誌を読みながら、というのは難しいかもしれませんが、テレビを見たり音楽を聴きながらケアすることはもちろんできます。

 

どちらのタイプが向いているかは人それぞれですが、おなか周り以外にもヒップや太もも、ふくらはぎ、二の腕などをケアしたいとお考えの人は、ボニックproのような手に持って気になる部分に当てるタイプの機器がおすすめです。