炭水化物 ダイエット

MENU

炭水化物抜きダイエットが痩せる理由 血糖値とインスリン

ダイエット時に減らしたいものと言えば、少し前までは脂質でしたが、最近では炭水化物を減らすダイエット方法が結果が出やすいとして注目されています。
炭水化物と脂質はどちらもエネルギー源となる栄養素ですが、カロリーを比べてみると、脂質が1g当たり約9kcalなのに対し、炭水化物(糖質)は約4kcal。脂質の方が倍ほどもカロリーが高いため、ダイエット時には脂っこいものを避けるのが常識とされてきました。

 

でも、最近になって炭水化物抜きダイエットが注目され、しかも結果を出しているのはなぜでしょう?
そのカギは血糖値とインスリンの関係にあります。

 

炭水化物とは簡単に言うと糖質+食物繊維。このうち、カロリーのあるのは糖質です。糖質は体内に取り込まれるとブドウ糖に分解され、血液内に吸収されますが、多すぎると血管を傷つけてしまいます。
それを避けるためにインスリンが分泌されます。インスリンは血液内のブドウ糖を筋肉や肝臓、脂肪細胞にしまい込む働きを持つ唯一のホルモンです。

 

筋肉や肝臓にしまい込まれる糖の量は決まっています。それを超え多分はすべて脂肪細胞にしまい込まれます。
つまり、血糖値が高い状態が続き、インスリンが分泌され続ければ、その間は体脂肪がどんどん作られる時間帯となってしまうということになります。

 

脂肪を作らないためにはいかにインスリンの分泌を抑えることができるか?がポイントとなります。
炭水化物を食べる量を減らすことはインスリンの分泌量を減らすことになり、それが体脂肪を作らないことにつながるというわけです。